HOME > 先進医療特約とは

「陽子線治療、重粒子線治療、白内障」を保障する先進医療特約とは

692a933a400f91f2ef622f7a1a76c309_s.jpg

<保険はがんや病気に対する考え方>

医療保険やがん保険の必要性を感じ、加入を検討する人は多いです。
将来自分がどんな病気になるのか、どの程度医療費が必要になるのかは計り知れません。
がん家系だから必要と感じる人もいるでしょうし、関係なく誰もがかかる可能性が高いものと必要性を感じる人もいるでしょう。
それは人それぞれ備え方も違いますよね。
最近の医療保険やがん保険には必ずと言っていいほど、先進医療特約が付いています。
先進医療は高額なので100円くらいでカバーできるなら取りあえず付けておこうと、良くわからないまま付けている人も少なくないでしょう。

<先進医療特約範囲内の手術>

先進医療は厚労省で認定された新しい医療で、がん治療で使われる陽子線治療や重粒子線治療、白内障での特殊レンズを用いた水晶体再建術などがあります。
保険診療適用外なので100%自費となり、中には数百万円という高額のものもあります。
有効性や安全性は認められていて、将来保険診療に導入するかどうか検討されているものが、先進医療です。
高度な医療機関でしか行われず、実際に実施されている件数もそう多くはありません。
それだけ保険料も安く設定されていると考えれば、必要かどうかは考え方次第だと言えます。確率は低いけれど万が一の時のために付けた方が安心です。
万が一の時には貯金があればいいから、特約は必要ないと言うのも納得できます。
日々医療技術が進歩しているので、先進医療も将来保険適用となる可能性もあります。
内容を知った上で必要かどうか自己判断すべきでしょう