HOME > 先進医療特約の特徴

200万円以上もする高額な最先端の医療技術に備える先進医療特約

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CSS85_mbakubiwokashige20131019-thumb-1000xauto-17314.jpg

<先進医療の技術>

先進医療特約とは先進医療にかかる技術料を一定額まで保障してくれる特約のことです。
そもそも先進医療とは大学病院のような高度な医療機関で研究が進められている医療技術のことで、安全性や治療の効果は確認されていますが、現在はその医療技術を保険診療となるか検討中となっているものを指します。
その為、通常の治療と共通する分は保険診療の対象となりますが先進医療の技術料に関しては全額が自己負担となり、その額は千差万別で数千円で済むこともありますが、場合によっては百万円を超える高額な技術料となる時もあるのです。

<先進医療特約の魅力>

自己負担分が自身の支払い能力を超える額となった場合に頼りたくなる特約が先進医療特約です。
ほとんどの方にとって先進医療を受ける事態になるということは無いと思いますが、がん治療で有名な重粒子線治療や陽子線治療を受けると200万円以上も費用が掛かることを考えれば、月々数百円という僅かな掛金で万が一の時にでも安心が得られるのは大きな魅力だと思います。
お守り代わりに先進医療特約を付帯しておくのは良い選択肢ではないでしょうか。